【任意売却】「期限の利益喪失」「代位弁済」の書類が届いたが任意売却できた事例

相談者
和歌山市T様
職業
会社員
年齢
40代
物件
戸建
ローン残高
2,000万円
実勢価格
1,300万円
他債務
カードローン100万円、自動車ローン50万円

ご相談の経緯

コロナの影響もあり、収入減になり住宅ローンの滞納が6か月続いてしまいました。 銀行からは、「期限の利益喪失」・「代位弁済」など聞いたこともない書面が届いてました。 当時共有名義で購入して元嫁にも同じ書面が届いてしまっていました。 どうすればよいのかわからず、とりあえずインターネットで調べ「住宅ローン滞納問題相談室」に連絡しました。 すぐに、自宅まできてもらえ、銀行から届いていた書面の内容についても丁寧に教えてもらえました。 さらに、元嫁とも間にたって説明をしていただきました。 直接は会いずらい状況でしたので間に立っていただき助かりました。 その後は、銀行との話もしていただき、なんとか売却することができました。 住宅ローンは残りましたが、弁護士も紹介してもらえましたので今後債務整理をするか相談中です。

相談員から重要なポイント

離婚後に共有名義の不動産を売却する相談は非常に多いです。 注意しなければいけないのは、連帯債務・連帯保証人です。 任意売却をするうえで、非常に関係があります。 私どものほうでコンタクトを取り、別途面談していくことも可能です。 コロナ関係の相談は徐々に増えていっています。 支払いが困難になってきている方。これから困難になる方等、相談内容は多岐にわたります 相談されるタイミングに早すぎることは決してありません。 むしろ、放置してしまい手遅れになる方もいらっしゃいます。 まずは、些細なことでもご相談いただければと存じます。

その他の解決事例

           

「払えない」「住み続けたい」今すぐご連絡ください! 任意売却・リースバックの無料相談はこちら

0120-279-281
24時間受付 メールでのご相談はこちら