その他の一覧

住宅ローン返済中に失業した場合のリスクと適切な対処法

住宅ローンは長期にわたって返済が続くため、返済中に予期せぬ失業を経験する方も少なくありません。失業期間が長くなると毎月の住宅ローンの返済が大きな負担になるでしょう。 今回は、失業により住宅ローンを滞納した場合のリスクや、適切な対処法について解説します。 1.住宅ローン返済中に失業…

住宅ローンの負担による老後破産を防ぐための対処法を解説

定年退職を迎えて年金生活が始まれば、これまでと生活の収支が変わってきます。 老後にも住宅ローンの支払いが残っている場合、返済に圧迫されて老後破産に追い込まれてしまうようなケースも少なくありません。 今回は、住宅ローンが原因で老後破産した場合のリスク、住宅ローンのために老後破産しそ…

脳梗塞になれば住宅ローンは免除される?免除されるケース・されないケースを解説

脳梗塞は、脳の血管が詰まってしまう病気です。脳梗塞になると、体の麻痺、しびれ、言語障害などの深刻な後遺症が残ることがあります。 脳梗塞の後遺症によって今までどおり仕事ができなくなった場合、収入が減少し、住宅ローンの返済が難しくなることもあるでしょう。このような場合、脳梗塞を理由に…

債権回収会社とは・取り立ての手段や無視した場合のリスクを解説

債権回収会社から「催告書」や「債権譲渡譲受通知書」などと記載された通知が届き、どのように対処すればよいのだろうかとお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 この記事では、債権回収会社の概要、債権回収会社の取り立ての手段、債権回収会社から通知が届いたときの適切な対処法、債権回…

持ち家ありの場合の老後資金・自宅を活用した資金調達方法は?

老後を迎えるにあたり、老後資金がどの程度必要なのか、またどのように確保するべきか悩まれている方は多いでしょう。自宅を所有している方の中には、自宅を有効活用して老後の資金を調達することを検討している方もいらっしゃるかと思います。 今回は、持ち家を活用して老後資金を調達する方法、老後…

老後に広すぎる家に住み続けるメリットとデメリット・適切な対処法を紹介

子どもが成人して家を出るまでは家族にとってちょうどよい広さの家でも、子どもが家を出ていって夫婦二人暮らしになると広すぎると感じるようになるでしょう。年齢を重ねて老後のことを考えるようになると、広すぎる家にこのまま住み続けるべきなのか悩む方も多いようです。当社でも、老後の住み替えに…

ペアローンを組んだ自宅は離婚後どうなる?売却時の注意点などを解説

結婚してマイホームを購入するために、ペアローンを組む夫婦は増えています。ペアローンを組んだ時には離婚をすることを全く考えていなくても、結婚生活を続ける中で離婚に至ることは珍しいことではありません。 ペアローンは夫婦二人でローンを組むため、離婚時の財産分与で問題になるケースが多いで…

不動産担保型生活資金とは?利用条件やリバースモーゲージとの違いも解説

不動産担保型生活資金は、老後の生活費を確保する手段として、近年注目を集めています。メリットの大きい資金調達方法ですが、利用に際して条件があり、万人向けとはいえないのが実情です。 この記事では、不動産担保型生活資金の概要や利用条件、不動産担保型生活資金を利用する際の注意点などを解説…

老後に一軒家からマンションへ住み替えるメリットとデメリット

結婚した当初は、子供の育児環境なども考えて、郊外に一軒家を購入したいと考える方が多いでしょう。しかし、老後は一軒家からマンションへ住み替えたいと考えるようになる方も多く、近年は、一軒家からマンションに住み替えをするケースも増加しています。 この記事では、老後に一軒家からマンション…

住み替えローンとは?利用時の注意点やローンの活用方法

住み替えローンとは、住宅ローンの一種で、不動産を売却しても残債が残っている場合に、ローンの残債と新たな住宅の購入資金を合算できるローンです。 旧居のローンを返済しながら新しい物件を購入できる魅力的なローンですが、メリットだけではなく注意点もあるので、内容についてしっかり理解してお…

「払えない」「住み続けたい」今すぐご連絡ください! 任意売却・リースバックの無料相談はこちら

0120-279-281
24時間受付 メールでのご相談はこちら