リストラで住宅ローンが払えない

1.リストラ・転職による収入減のケース

リーマンショックの後もリストラによる収入減のご相談が非常にありました。コロナショックにより経済が下向きになり、リストラや転職による収入減に悩む方が増加しております。
予想していなかったので貯金がない、収入が多いときの生活水準のままで全く収入が足りないなどご相談は尽きません。収入減にともなって、住宅ローンが支払えなくなり、どうしたら良い?となる場合がほとんどです。マンションの管理費や修繕積立金も滞納しており、固定資産税も支払われていないなど、非常に困窮している方が多くご相談に来られます。
まず、生活を安定させるために何にどうお金を使うのか、支出の検討を我々と一緒に行いましょう。次に、住宅ローンについては、リスケジューリングや滞納している場合には、任意売却も検討していきましょう。競売が申し立てられた状況でご相談に来られる方もいらっしゃいますが、早め早めのほうが方法もあります。一緒に最善策を考えていきましょう。
そのまま住み続ける方法、リースバックもあります。我々のリースバックの実績は他社の追随を許しません。

2.自営していたがうまくいかないケース

自営業を営んでいたが、うまくいかずに転職や廃業した場合、収入が少なく、借金があり、貯金もない、住宅ローンも支払えず滞納している、どうすればよいか?というご相談をよく受けます。
まず、生活再建が第一ですので、自己破産や債務整理など弁護士を交えたご相談を提案させて頂いております。我々は弁護士と連携し、ワンストップでの解決を目指しており、適宜、弁護士とともに方策を考えていきます。その後、不動産に関して、任意売却をするのか、住み続けるためにリースバックにするのかなど、適宜弁護士と話し合いながら提案させて頂きます。
単に不動産会社に相談すると、自己破産や債務整理などの知識がないため、やってはいけない行為(偏波弁済や低廉売買)などをしてしまいます。この点は我々の強みであり、信頼できる弁護士とともに安心できる方法を選択していきます。

監修者: 井上悠一

クラッチ不動産株式会社代表取締役。一般社団法人住宅ローン滞納問題相談室代表理事。立命館大学法科大学院修了。司法試験を断念し、不動産業界に就職。住友不動産販売株式会社株式会社中央プランナーを経て独立、現在に致る。幻冬舎より「あなたを住宅ローン危機から救う方法」を出版。全国住宅ローン救済・任意売却支援協会の理事も務める。住宅ローンに困った方へのアドバイスをライフワークとする。

「払えない」「住み続けたい」今すぐご連絡ください! 任意売却・リースバックの無料相談はこちら

0120-279-281
24時間受付 メールでのご相談はこちら