【任意売却】投資用物件を購入したが、毎月赤字のため、任意売却をした事例

相談者
東大阪市K様
職業
会社員
年齢
40代
物件
投資用マンション(収益物件)
ローン残高
1,500万円
実勢価格
1,000万円
他債務
無し

ご相談の経緯

数年前、老後の資産形成のために投資用物件を購入しました。 当初は賃料収入が毎月のローン返済額を上回っていたのですが、築年数が古くなり、予定していた賃料が取れなくなっていました。 また、空室時は賃料収入がなく、退去のたびにリフォームをしたりと、だんだんと不動産を所有していること自体がストレスになりました。 年間の利益を試算するとマイナスになっていることもあり、売却を検討しました。 ところが、査定を取ってみると市場価格は1,000万円となり、残債の1,500万円とは程遠い金額になっていました。 借入先(銀行)の抵当権が付いているので、売却するには足らずの500万円を補填しなくてはいけません。 500万円も用意できるわけなく、所有していることでマイナスになっているので、何とか売却方法はないかと検索し、「住宅ローン滞納問題相談室」に問い合わせをしてみました。 翌日に面談していただき、現況をお伝えすると、今後の対策を教えていただきました。 任意売却という方法を教えていただき、デメリットを理解したうえでお願いすることにしました。 売却については不安でしたが、担当の方が逐一「今はこういった状況ですよ」と連絡をくださったので、お任せすることができました。 売却後の残債についても相談に乗っていただき、弁護士も紹介していただきました。

相談員から重要なポイント

数年前の不動産投資ブームより、サラリーマンや公務員の方も不動産投資を始めるようになり、今回のようなご相談は年々増えてきております。 購入するときは、営業マンからメリットしか伝えられておらず、「こんなはずじゃなかった」という方も多いのではないでしょうか。 もちろん、不動産投資がうまくいっている方もいらっしゃますが、一部の方になると思います。 資金に余裕があれば、マイナスでも問題ないと思いますが、昨今では賃料保証をしているサブリース会社より賃料が入らなくなったという相談もございます。 また、所有していることによるストレスもあると思いますので、お困り等ございましたらお気軽にご相談くださいませ。

その他の解決事例

           

「払えない」「住み続けたい」今すぐご連絡ください! 任意売却・リースバックの無料相談はこちら

0120-279-281
24時間受付 メールでのご相談はこちら