【任意売却】競売の現況調査が行われた後でも任意売却ができた事例

相談者
枚方市N様
職業
会社員
年齢
50代
物件
戸建
ローン残高
2,000万円
実勢価格
1,200万円
他債務
カードローン400万円

ご相談の経緯

勤め先が業績不振になり、人員削減のためのリストラを受け、住宅ローンの支払いが困難になりました。 就職活動をしましたが、思うような収入を得られる会社に就職が決まりませんでした。 その就職活動中はアルバイトをしていましたが、生活費を稼ぐので精一杯な状態でした。。 住宅ローンの支払いが滞っていることは認識しておりましたが、就職活動とアルバイトで忙しく、放置してしまっていたら「競売開始決定」の通知が自宅に届きました。 これはいよいよ本当にどうにかしないといけないと思い、「住宅ローン滞納問題相談室」に問合せてみました。 お話しを聞くと、今後の流れ、競売と任意売却のメリット・デメリットをわかりやすく説明いただきました。 お任せしてからは金融機関との連絡窓口になっていただき、売却活動を開始してからわずか3ヶ月目で無事に任意売却で自宅を売却することができました。 退去費用も交渉し拠出して頂き、引越もスムーズにできました。

相談員から重要なポイント

ご相談いただいたときは「競売開始決定」の通知が手元にある状況でしたので、すぐに引越をしなければいけないと思っていらっしゃいましたが、「競売開始決定」の通知が来たからといって急いで引越はしなくても良いということ、いつまで住むことができるのかを説明致しました。 そして、今後取れる手段・競売よりも任意売却のほうがメリットが多いことを説明し、任意売却を開始しました。 他に債務(借入)があり、自宅だけは守りたいと個人再生(住宅ローン特則)をされる方も多くいらっしゃいます。 個人再生(住宅ローン特則)をしたとしても債務は圧縮されますが、毎月の返済が無くなるわけではありません。住宅ローンの支払額はそのままのため、支払いが厳しくなる方は多くいらっしゃいます。 どの解決法が良いのか、また合うのかは、人それぞれに違います。 まずはご相談いただければと思います。

その他の解決事例

           

「払えない」「住み続けたい」今すぐご連絡ください! 任意売却・リースバックの無料相談はこちら

0120-279-281
24時間受付 メールでのご相談はこちら