【任意売却】ローンを滞納していたが、賃借人に売却できた事例

相談者
大阪市M様
職業
契約社員
年齢
40代
物件
マンション
ローン残高
1,000万円
実勢価格
800万円
他債務
有り(300万円)

ご相談の経緯

離婚で自宅から引っ越しをし、その自宅を友人に賃貸してその収入で住宅ローンを支払っていました。仕事が変わり、収入が減ったので賃料収入を生活費にまわし、住宅ローンを滞納していたなか、銀行から住宅ローンの一括請求が書面で届いたので慌てて相談しました。このまま放置しておくと競売になってしまい、自宅を借りている友人にまで迷惑がかかってしまうということがわかりました。そして、相談員からの適切なアドバイスもあり、賃貸している友人に売却するという方法が取れました。債務を大きく減らすことができ、毎月なんとか支払えています。

相談員から

理由は様々ですが、所有者が居住していない物件を扱うことは少なくありません。スムーズに動いていくために 居住者へのご説明などもご一緒にさせて頂きました。今回はご売却先がご友人だったという点、マンションの相場と住宅ローンの残債務額に大きなギャップがなかった点、その他様々な要因により任意売却ができました。

重要なポイント

今回はご友人である賃貸居住者にご購入意思があったので纏まりましたが、 本来は収益物件の任意売却となり、対応できない不動産会社も少なくありません。ただ収益物件は昨今大きな問題もあり相談者も後を絶ちません。弊社は様々な対応が可能ですので、まずはご相談ください。

その他の解決事例

           

「払えない」「住み続けたい」今すぐご連絡ください! 任意売却・リースバックの無料相談はこちら

0120-279-281
24時間受付 メールでのご相談はこちら