【リースバック】一括弁済の通知がきたが、リースバックで自宅に住み続けることができた事例

相談者
豊中市K様
職業
自営業
年齢
50代
物件
マンション
ローン残高
1,500万円
実勢価格
1,500万円
他債務
無し

ご相談の経緯

自営業と親の介護とで住宅ローンの滞納に気付かずにいました。 気付いた時には、一括返済するか売却するかの二者択一しかないという状況でした。 不安が大きく、いろいろとネットで調べたり、問い合わせをする中でリースバックという方法を知りました。 リースバックできる業者に声をかけたのですが、今ひとつ欲しい回答が得られず3社目に「住宅ローン滞納問題相談室」へ問い合わせしました。 任意売却などを通じてリースバック等もしているということで、債権者についてや、リースバックができなかったときの方法など、面談の場で直接伺うことができたので、不安が小さくなりました。 最終的にはリースバックすることができ、現在は買い戻すために仕事を頑張っています。

相談員から

リースバックとは業者や投資家等に売却し、買主から賃借することで住み続けられる方法です。 ご自宅の名義は変わりますが、住み続けられるというメリットがあります。 お子さんがいらっしゃる方や今回のように自宅介護をしておられる方、子供の校区を変えたくない方などには非常に有効な方法かと思います。 リースバック時の賃料も支払い続けることができる金額でしたので、成功した事例です。

重要なポイント

リースバックは様々な要因で成功するかどうかが決まります。 物件の価値・住宅ローン残高・収入などです。さらに、リースバックの業者というのも昨今増加の傾向にあり相談者様の中には、どこを選べばよいかわからないという方も多くいらっしゃいます。 私どもは様々なリースバック業者と提携することで、ご相談者にもっともマッチングした提案をいたします。

その他の解決事例

           

「払えない」「住み続けたい」今すぐご連絡ください! 任意売却・リースバックの無料相談はこちら

0120-279-281
24時間受付 メールでのご相談はこちら