【任意売却】離婚により住まなくなった自宅を任意売却した事例

相談者
神戸市T様
職業
会社員(メーカー勤務)
年齢
30代
物件
戸建
ローン残高
3,000万円
実勢価格
2,300万円
他債務
無し

ご相談の経緯

妻との連帯債務で住宅ローンを支払っていたが、離婚することになったため自宅を手放したいが、オーバーローン(市場価格<残債)のため、売るに売れない。 まだ残ローンが3,000万円あるが、不動産会社で査定依頼をしたところ、2,000万円と言われてしまいました。 一人では広すぎるので、自宅を売りたいけれど手出し自己資金で1,000万円の余力がないため、売るに売れない。 そこで何とか売却できる方法がないかと調べていたところ、任意売却という方法があることを知り、 住宅ローン相談室に相談させていただきました。 任意売却をすることのメリット・デメリットを明確に示していただき、今後の流れもきちんと説明していただいたので、不安はありましたが、安心して任せることができ、任意売却で自宅を売却することができました。

相談員から

ご離婚にともなって、任意売却するご相談者の方は、年々増えてきております。 住宅ローンを滞納し放置すれば競売になり、競売の結果、安価で売却され、残債務が多くなってしまうこと等、競売のデメリット及び、任意売却のメリットをお伝えさせていただきました。

重要なポイント

今回の場合、元奥様が連帯債務者でしたので、多少なりとも元奥様の協力も必要となってきます。 元奥様にもメリット・デメリットをご説明し、ご納得いただけました。 売却活動を開始してから3ヶ月で買い手が見つかり、無事に売却することができました。 住宅ローンを払える見込みがない、もうこの家に住み続けるつもりはない等、住宅ローンで お困りのことがございましたらお問い合わせくださいませ。 今回の案件ではご要望ございませんでしたが、住宅ローンを滞納していても住み続けられる「親子間売買・親族間売買」「リースバック」という方法もございますのでご相談くださいませ。

その他の解決事例

           

「払えない」「住み続けたい」今すぐご連絡ください! 任意売却・リースバックの無料相談はこちら

0120-279-281
24時間受付 メールでのご相談はこちら