【任意売却】競売を申し立てられたが、任意売却ができ引越代を捻出できた事例

相談者
伊丹市K様
職業
会社員
年齢
30代
物件
戸建
ローン残高
2,800万円
実勢価格
2,500万円
他債務
100万円(カードローン)

ご相談の経緯

副業のFXで借金を作ってしまい、普段の生活が圧迫されて住宅ローンを滞納してしまいました。 住宅ローン以外の返済を優先したために、気づいた時には競売の申立をされていました。 さらに、複数の不動産業者の訪問を受けて不安な気持ちになり、相談室へ問い合わせしました。 すぐに対応していただいた面談では、現状と今後の流れを教えていただきました。 まだ子供が小さいこともあり、できるなら住み続けたいという思いを伝えました。話しを伺うと、リースバックや親族間売買の方法を丁寧に教えていただきました。 しかし、両方プランとも金額が合わず、断念することになりました。ただ、並行していた任意売却で纏まりましたので、最終的には競売を避けることができ、引越代金も売却代金から捻出してもらえました。引っ越し先が子供の学校区内だったのでひと安心でした。

相談員から

ご相談に来られた際、最初は住み続けることを希望されていましたので、リースバックと親族間売買についてご案内させていただきました。 しかし、金額・賃料が合わず、断念する結果でした。最悪のケースで競売になってしまうと、残債額も多く残ってしまいます。 ですので、ご相談者にご納得をいただいた上で任意売却を進めました。 なんとか期日までにご売却ができ、残債を大きく減らせ、更に引越代金までも捻出することができました。

重要なポイント

任意売却のご相談内容で、住み続けたいという希望が多いのは所有者様からすると当然のことです。 もちろん、リースバックや親族間売買など方法はあります。 しかし、実際は成功率がそんなに高くないというのが現実です。理由はハードルの高さです。 ただ、成功率が低い中でも私共は多くの実績がございます。 また、リースバックや親族間売買ができなくても、最悪のケースを見据えて動いております。 それは、競売を避け、任意売却により住み続けられなくても大きく残債を減らすこと。更に、引越代金も売却代金から捻出できるように努めております。

その他の解決事例

           

「払えない」「住み続けたい」今すぐご連絡ください! 任意売却・リースバックの無料相談はこちら

0120-279-281
24時間受付 メールでのご相談はこちら