【親子間売買】他社ではできなかった親子間売買ができた事例

相談者
吹田市K様
職業
会社員
年齢
30代
物件
戸建
ローン残高
500万円
実勢価格
2,000万円
他債務
なし

ご相談の経緯

両親が定年後に海外へ居住したため、両親の住んでいた戸建を貸してくれることになり、私たち家族は問題なく居住していました。 その後、両親は海外永住を決断しました。その両親からは、今後の生活費や医療費捻出するために貸している戸建を売却するので、退去してほしいと言われました。 私たちにしてみれば住み慣れた家であり、今後も住み続けたいので購入することを伝えました。 すると、購入は問題はないが、現金一括で購入してほしいと言われました。 そんな大金をすぐ用意できないのでローンを検討しましたが、親子間売買の場合は融資をしてくれる銀行がありません。 そこで「住宅ローン滞納問題相談室」に相談させていただきました。 親子間売買のローンは付きづらいと認識していましたが、無事に融資をしてくれる金融機関が見つかり、父親から家を購入できました。 おかげで希望どおり家族で住み続けることができました。

相談員から

K様もご自身でいくつか金融機関をあたってみたそうですが、親子間売買というだけで金融機関は相手にもしてくれなかったそうです。 弊社では親子間売買であっても融資をしてくれる金融機関との提携があるため、お取り次ぎさせていただき無事に、融資を受けられることとなりました。

重要なポイント

親子間売買はハードルが高くなっております。 なぜ、ハードルが高いかというと「親子間売買」という時点で、メガバンクは住宅ローンを行いません。 金融機関は原則として、親子間の売買は「贈与」という認識があるからです。 住宅ローンの付け替えをしているという認識であり、通常の金融機関は融資を行いません。 もっとも、限られたごく一部の地銀及びノンバンクは融資を行っております。 この点でハードルが高いです。 住宅ローンが「もう払える見込みがない」、「もうこの家に住み続けるつもりはない」等、住宅ローンで お困りのことがございましたら、お問い合わせくださいませ。

その他の解決事例

           

「払えない」「住み続けたい」今すぐご連絡ください! 任意売却・リースバックの無料相談はこちら

0120-279-281
24時間受付 メールでのご相談はこちら