【リースバック】競売開始決定の通知が来たが、リースバックで住み続けられた事例

相談者
西宮市K様
職業
会社員
年齢
40代
物件
戸建
ローン残高
2,800万円
実勢価格
2,300万円
他債務
カードローン300万円

ご相談の経緯

転職を機に収入が減ってしまい、カードローンやリボ払いでなんとか凌いで生活をしてきました。 しかし、債務の返済に追われ、住宅ローンの支払いを後回しにしてしまい、気付いたときには競売の開始決定の書面が届いてしまいました。 「住宅ローン滞納問題相談室」をインターネットで見つけ、住み続けられる方法があると記載がありすぐに電話しました。 自宅近くの駅まで来ていただき説明をうけリースバックの流れ、競売の説明、そして一番大事といわれたリースバック後の生活など不安に感じていた部分はすべて説明してもらえました。 住宅ローン以外にも多くの債務がありましたので、弁護士を紹介してもらい、今は返済に追われることはなく生活できています。

相談員から重要なポイント

競売まで進んでしまっていると、通常時間がなくリースバックの成功率は高くはありません。 さらに住宅ローンの残債額も2800万円と高額で、リースバックで進めるには売却価格を下げる必要がありました。 ですので債権者と交渉を重ね、2300万円まで下げることができ、結果的には住宅ローンの返済額よりも賃料を下げることができ、他の債務も紹介した弁護士により解消できました。 この方はリースバック前よりも余裕をもって生活できており、大変喜ばれておりました。 リースバックは通常の売却と違い、売却価格は低い方が成功率が上がります。 それは単純にリースバック後の賃料が低くできるからです。 他社でいたずらに高値でリースバックしてしまった結果、数年後に賃料が払えなくなり、結局退去せざるをえなくなったと相談いただいたこともあります。 ご相談者様の立場に立ち、一番いい方法を一緒に模索していきますので、まずはご相談ください。

その他の解決事例

           

「払えない」「住み続けたい」今すぐご連絡ください! 任意売却・リースバックの無料相談はこちら

0120-279-281
24時間受付 メールでのご相談はこちら