【任意売却】身体障害になり、住宅ローンを滞納してしまったが、任売案件で引越代を捻出できた事例

相談者
堺市Y様
職業
無職
年齢
50代
物件
戸建
ローン残高
1,000万円
実勢価格
800万円
他債務
自動車ローン100万円 リフォームローン200万円

ご相談の経緯

仕事中の事故により、後遺症が残り働くことが困難になりました。 障害者年金を受給できるほどの判定にはならず、無収入になりました。 生活保護を受けようとしましたが、現状持ち家があるのため生活保護の申請ができませんでした。 しばらくは、貯金で住宅ローンを支払っていましたが、とうとう貯金が尽きてしまいました。 これからどのように進めていいかわからず、市役所の職員に相談したところ「住宅ローン滞納問題相談室」に相談してみたはどうかと提案を受けました。 そこで「住宅ローン滞納問題相談室」に問い合わせしたところ、翌日に面談していただき、今後の手続きや引越しの流れ等詳しく聞かせていただきました。 色々検討した上で任売案件を進めていく方向になり、そこからは順調に進んでいき、買手を見つけることができました。 引越する費用もままならなかったのですが、売却代金の中から「引越代」の捻出をしていただき、引越することができました。 売却後は持ち家を手放したことにより、生活保護を受けることができました。 自分一人ではどうにもできませんでしたが、色々な方に協力していただき問題を解決することができました。

相談員から重要なポイント

突然の病気や事故により、収入が無くなり住宅ローンの支払いができなくなったというご相談も少なくありません。 一時的な収入減であれば、借入先の金融機関にリスケジュール(返済計画の変更)をされるのが得策な場合もございます。 ただ、リスケジュールは毎月の支払額は一時的には減少しますが、その分返済期間が延びてしまいます。退職金で残ローンを一括弁済することができればよいですが、それができなければ、定年後にも住宅ローンの支払いが必要になります。 定年後に嘱託や再雇用で働くことができたとしても、現役時代と同じ業務量なのに給料だけは大幅に減らされたというケースも多くございます。 十分な預金や収入があれば問題ないですが、リスケジュールをしたことによる老後破産になる方も多くいらっしゃいますので計画的な返済計画をたてる必要があります。 ご相談をいただければ、現状をどのように解決すればよいのかアドバイスさせていただくことも可能です。 ご相談は早ければ早いほど取れる手段は多くございますので、支払いが難しくなりそうだというタイミングでもお気軽にお問い合わせください。

その他の解決事例

           

「払えない」「住み続けたい」今すぐご連絡ください! 任意売却・リースバックの無料相談はこちら

0120-279-281
24時間受付 メールでのご相談はこちら