【親子間売買】住み続けることができ、さらに金利も安くなった親子間売買の事例

相談者
神戸市A様
職業
会社員(メーカー勤務)
年齢
40代
物件
マンション
ローン残高
1,500万円
実勢価格
1,600万円
他債務
なし

ご相談の経緯

同居している高齢の両親が年金でローンを支払っているため、何とかしたい。 父親が60歳で住宅を購入し、95歳までの住宅ローンを組みました。 当初は年金で問題なく支払っていましたが、病気にかかり先が長くないことが判明。 団体信用保険(ローン組んでいる当事者が死亡した場合に免責される保険)を頼りにしていたところ、 80歳で強制解約されている。85歳になる父親の年金で現在も支払っているが、この先のことを考えると、間違いなく 住宅ローンが払えなくなるので、父親が亡くなる前に親子間売買(父→息子への売買)をしようと金融機関を回ったが、親子間売買ということだけで門前払いされる。(親子間売買・親族間売買は贈与にあたると金融機関は認識するため)そこで、「親子間売買」「親族間売買」で多くの実績があるという記事をインターネットで見つけ、ご相談させていただきました。

相談員から

ご両親とご同居されている息子様からのご相談でした。 通常売却してローンを完済し、他所へ引っ越すという手段もありましたが、引っ越しの心労負担がご両親にかかるのを避けたいというA様のご要望により、親子間売買で提携金融機関をあたりました。 最終的には親子間売買で無事にローンが組めました。 お父様が組まれていたローン金利(4%台)よりも低い金利の1.98%でローンが組めたことにより、月々の支払いも抑えることができました。

重要なポイント

親子間売買・親族間売買は大手金融機関では話にも乗ってくれないところが、ほとんどになります。 弊社では提携金融機関とのパイプを持っており、親子間売買・親族間売買での多数の実績がございます。 例えば、①他の不動産屋で断られた、②銀行窓口で断られた、③審査は通りそうだけど金利が高い等の場合、弊社であればお手伝いできることがありますので、是非ご相談くださいませ。

その他の解決事例

           

「払えない」「住み続けたい」今すぐご連絡ください! 任意売却・リースバックの無料相談はこちら

0120-279-281
24時間受付 メールでのご相談はこちら