【親子間売買】住宅ローンの支払いが困難になったが、親子間売買で解決できた事例

相談者
高石市N様
職業
自営業
年齢
50代
物件
戸建
ローン残高
1,000万円
実勢価格
1,000万円
他債務
無し

ご相談の経緯

仕事がうまくいかず住宅ローンの支払いが困難になったので、同居している息子に買ってもらうことを考えました。 しかし、銀行の窓口では、親子間での売買には住宅ローンは使えない、と断られました。 仕方なくネット検索し、住宅ローン相談室というHPを見つけたので、親子間売買について問い合わせしました。 なぜ、住宅ローンが組めないのか、どういう方法があるのかなど、細かく教えていただき、手続きに入りました。 最終的には、希望通り親子間売買ができ、その費用で、住宅ローンは完済しました。 今は息子と3人で協力しながら今まで通りの自宅で生活ができています。

相談員から

親族間売買は非常に難しい案件です。住宅ローンが使えないのはもちろん、現状の残債額・不動産の担保価値・借入される方の属性・不動産の市場価格と取引価格との差 など、越えなければならないハードルが多くあります。 うまく借入できたとしても完済できる金額ではなく、自己資金の追加が必要な場合も多くあります。 今回は不動産の担保価値に対して、残債が多くない状況だったので成功することができました。

重要なポイント

住宅ローンの支払いが困難になり、それでも住み続けたい方には有効な方法ですが、成功率は非常に低いのが現状です。 ですので、親族間売買ができなかった時、どうするのかを考えておく必要があります。 私共はリースバックや、任意売却など住宅ローンが払えないという方に様々な解決方法をお伝えすることが可能です。 常にご相談者様の希望や可能性を考え、親族間売買だけではなくその他の方法もご案内させて頂いております。

その他の解決事例

           

「払えない」「住み続けたい」今すぐご連絡ください! 任意売却・リースバックの無料相談はこちら

0120-279-281
24時間受付 メールでのご相談はこちら