【任意売却】住宅ローンを半年滞納してしまったが、任意売却ができた事例

相談者
羽曳野市K様
職業
自営業
年齢
40代
物件
戸建
ローン残高
2,000万円
実勢価格
1,500万円
他債務
150万円(カードローン)

ご相談の経緯

子供の学費支払いや収入の減少から住宅ローンの滞納をしてしまい、半年以上放置していました。 すると、銀行から債権回収会社に窓口が移るというような内容の書面が届き、不安になり、相談しました。 このまま、放っておいたら競売の申立をされてしまい、強制退去になるという説明を聞き、任意売却を進めることにしました。 任意売却といっても、特に難しいことはなく、内覧される方への対応くらいで、相談時に聞いていたとおりでした。 子供のことがあったので、売却が決まった後もぎりぎりまで住み続けられて助かりました。 今は、近くに引っ越して家族で暮らせています。

相談員から

販売活動については、ご希望であれば住み続けながら行うことができます。 もちろん、内覧時にはご協力いただく必要があります。 この度のご相談者様は非常に協力的で、内覧もスムーズに行えたため、購入希望者が比較的早く見つかり任意売却できました。

重要なポイント

任意売却は、早いタイミングでご相談いただくと成功率が高まります。 この方は、競売申立がされる前でした。 もちろん、申立後も任意売却を並行して進めていくことは可能ですが、競売申立をされているか否かについては、任意売却後の残債務額に影響します。 また、債権者によっては、競売の申し立てをした段階で任意売却を承諾しない債権者もあります。 任意売却後、破産などの手続きをしないのであれば残債額は少ないほうがいいですのでタイミングは非常に重要だといえます。

その他の解決事例

           

「払えない」「住み続けたい」今すぐご連絡ください! 任意売却・リースバックの無料相談はこちら

0120-279-281
24時間受付 メールでのご相談はこちら