【親子間売買】住宅ローンを半年滞納してしまったが、親子間売買で住み続けることができた事例

相談者
大阪市D様
職業
自営業
年齢
40代
物件
マンション
ローン残高
2,100万円
実勢価格
2,300万円
他債務
無し

ご相談の経緯

今から思うと、自営業が非常に忙しく、収入にも波があったのが原因かと思います。 いつの間にかローン返済を滞納していて、気づいた頃には債権回収会社からの連絡が来ていました。 自宅にも通知や催告などの書面が届いていましたが、自宅に戻っていない日々でしたので気付きませんでした。 希望としては、なんとか自宅に住み続けたいのですが、住宅ローンは一括返済するしかない状況で、2000万円以上の大金は用意できません。 このまま放置するなら競売になると言われ、インターネットでリースバック・親子間売買という内容を見つけ、問い合わせました。 他にも、同じようなサイトへ同時に問い合わせしましたが、一番早く対応していただきました。 状況を伝え、説明を聞き、債権回収会社についても詳しかったので、お願いすることにしました。 子供がまだ勤続1年目でしたが、なんとか融資先を見つけていただき、親子間売買で住宅ローン返済ができました。 今は、息子が組んだローンを支払いながら今まで通りの生活を送れています。

相談員から

ご相談される方の中で、滞納していることに気づいていなかった、という方は少なくありません。 特に、自営業で様々な支払いに追われ、たまたま住宅ローンの滞納をしてしまった方、海外出張が多く自宅を留守にしてしまう方など様々です。まず、ご自宅に届く郵便物や掛かってくる電話等には、必ずご対応ください。早い段階で気づくことができれば、一括返済せずに済み、滞納分だけ支払えば、また通常通りのローン支払いに戻れる可能性があるからです。

重要なポイント

ご相談者様は大阪市内のマンションに在住で、非常に担保価値が高かったため、勤続年数が短くても融資が組めました。 親子間売買は通常、住宅ローンが組めず、大手の銀行だと断られてしまいます。 ただ、少ない中でも私共は複数の融資先をご紹介可能です。 親族間売買を検討したいが、年齢が心配だ、。築年数が古く担保価値に不安がある、勤続年数が短いなど、あるかと思いますが、まずは一度ご相談ください。

その他の解決事例

           

「払えない」「住み続けたい」今すぐご連絡ください! 任意売却・リースバックの無料相談はこちら

0120-279-281
24時間受付 メールでのご相談はこちら