【任意売却】競売の申立てが行われた後に任意売却ができた事例

相談者
神戸市K様
職業
会社員(製造業)
年齢
40代
物件
戸建
ローン残高
2,600万円
実勢価格
1,500万円
他債務
有り(カードローン300万円)

ご相談の経緯

カードローン借入の返済で住宅ローンが支払えなくなりました。 当初、住宅ローは問題なく支払っていましたが、ギャンブルで浪費し、住宅ローン支払いのためにカードローン借入を繰り返すようになりました。 次第にカードローン返済も厳しくなり、住宅ローン滞納が6ヶ月続いたとき、競売を申し立てられてしまいました。 家庭では小学生の子供が二人おり、なんとか自宅を手放さずに済む方法はないかとインターネットで調べていたところ、「リースバック」という方法を知り、全国住宅ローン相談へ相談しました。

相談員から

ご相談時の状況は、既に競売を申し立てられ、裁判所の執行官による現況調査も行われた後でした。まずはリースバックで動き始めることにしました。 債権者から提示された任意売却売出価格は1,500万円でしたので、その金額を基にリースバックできる業者にあたりましたが、業者買取額は1,000万円程でしたのでリースバックを断念。 しかし、タイミング良く任意売却での買主が見つかりましたので、売却金額から引越代を捻出できました。

重要なポイント

リースバックで住み続けることができれば一番良かったのですが、都心部から離れた立地だったため、リースバックするにも買取額が伸びませんでした。 競売になると市場価格よりも安く売却されてしまうことが多く、うのと引越代の捻出ができません。 今後の生活を考えると、競売よりも任意売却を選択したほうが、残債の返済を含めて メリットは多くございます。

その他の解決事例

           

「払えない」「住み続けたい」今すぐご連絡ください! 任意売却・リースバックの無料相談はこちら

0120-279-281
24時間受付 メールでのご相談はこちら