【任意売却】競売を申立てされる前に任意売却ができた事例

相談者
豊中市K様
職業
会社員
年齢
50代
物件
戸建
ローン残高
2,300万円
実勢価格
1,500万円
他債務
有り(カードローン200万円)

ご相談の経緯

ボーナス支払いの負担が大きくのしかかり、住宅ローンを滞納するようになりました。 毎月の住宅ローン支払い(12万円)は何とか支払えていましたが、それでもボーナス月には35万円の支払いになります。 ボーナス支給が減額され、あわせて過去の教育資金借入があったため、返済が苦しくなり滞納するようになりました。 6ヶ月の滞納時点で債権者(借入先)から一括弁済の請求が届きました。 一括で支払うことが不可能で、「住宅ローン滞納問題相談室」にご相談させていただきました。 今後の流れや任意売却のメリット・デメリットを教えていただき、任意売却を進めていくことに決めました。 売却活動を開始して4ヶ月目で買い手が見つかり、売却することができました。

相談員から

K様は一括弁済の通知が来た時点でご連絡をいただきました。 すぐに退去しなければいけないと思っていらっしゃいましたが、急ぐ必要がない事をお話しし、今後の流れについてご説明させていただきました。

重要なポイント

あと1ヶ月ご相談が遅ければ競売を申し立てられていました。 競売を申し立てられた後でも任意売却はできますが、時間の猶予がございません。 住宅ローンを滞納しそう・住宅ローンを滞納してしまっている等、もう払える見込みがないと判断された段階でご相談いただくと、今後のスケジュール感が把握でき選択肢も増えるので、できる限り早いご相談をお勧めいたします。 また、今回の案件でのご要望はございませんでしたが、住宅ローンを滞納していてもそのまま住み続けられる「親子間売買・親族間売買」「リースバック」という方法もございます。 お困りのことがございましたら、一度お問い合わせくださいませ。

その他の解決事例

           

「払えない」「住み続けたい」今すぐご連絡ください! 任意売却・リースバックの無料相談はこちら

0120-279-281
24時間受付 メールでのご相談はこちら