【親子間売買】父親が退職により収入減で住宅ローンの支払いが厳しくなったが、親子間売買をして金利も下げれた事例

相談者
神戸市北区
職業
会社員
年齢
30代
物件
戸建
ローン残高
1,500万円
実勢価格
1,500万円
他債務
無し

ご相談の経緯

父親が退職し、収入減により住宅ローンの支払いが苦しくなってきました。 娘である私に借り換え等もしてしまおうと思い銀行に相談に行きました。 しかし、銀行から断れてしまい何とかローンが組めないか、インターネットで親子間売買というのを見つけ住宅ローン滞納問題相談室に相談に行きました。 事情を説明したところ親子間売買で行うのは可能で、毎月の返済額も下がるとのことでした。 残債が残らず返済額も減らせたので、今までの生活と変わらず暮らせています。

相談員から重要なポイント

親子間売買は非常に難しい案件です。 まず、融資先が少ない点です。残債務額と不動産の価値の差も大きいケースがほとんどです。 今回については、残債務額が比較的少なく融資額も十分でしたので成功することができました。 親子間売買では住宅ローンを利用できません。 ですので、住宅ローンより金利が高く設定されています。 ただ、長期で組むことも可能ですので現在の返済額より減らせられるケースもあります。 住宅ローンを滞納している・今後滞納しそうだという方で住み続けたい方はぜひ、ご相談ください。

その他の解決事例

           

「払えない」「住み続けたい」今すぐご連絡ください! 任意売却・リースバックの無料相談はこちら

0120-279-281
24時間受付 メールでのご相談はこちら