【親子間売買】老後資金の確保のために親子間売買をした事例

相談者
大阪市T様
職業
自営業
年齢
50代
物件
戸建
ローン残高
300万円
実勢価格
2,000万円
他債務
無し

ご相談の経緯

老後資金の確保のために、金融機関にリバースモーゲージを申込したが、どこも応じてくれませんでした。 ですので、いずれ相続する息子に売却したいと考え、親子間売買を検討したが、こちらも親子間売買というだけで金融機関は応じてくれませんでした。 そこで、インターネットで親子間売買の実績が多数ある「住宅ローン滞納問題相談室」に問い合わせをさせていただきました。 すぐに金融機関にあたっていただき、親族間売買でも融資をしてくれる金融機関を2社見つけていただきました。 金利が安いほうを選び、無事にローンを組むことができ、老後資金を1,500万円確保することができました。 老後資金の確保のためにリースバックも検討しましたが、所有権が他人になってしまうこと、息子も思い入れがある家ですので、いずれは自分が住みたいと考えていたみたいなので リースバックは除外し、親子間売買にしました。

相談員から重要なポイント

老後2,000万円問題が取りざたされ、老後を不安視される方のご相談も多くなっています。 ご自宅を担保とした資金の確保は大きく分けて3つございます。 ①親子間売買 ②リースバック ③リバースモーゲージ それぞれ資金を確保するということでは同じ目的になりますが、確保できる金額や特徴が異なります。 どの方法がご相談者様にとって有益になるのが状況により異なります。 老後資金の確保のためにリバースモーゲージを検討される方は多くいらっしゃいます。 リバースモーゲージは自宅を担保にした貸付制度ですが、条件が厳しく一等地に自宅を所有している富裕層向けの商品となっておりますので、非常にハードルが高くなっております。 親子間売買での融資は不動産の価値も重要となってきますが、リバースモーゲージほどハードルが高くありません。 ほとんどの銀行では親子間売買は贈与にあたると判断される為、融資をしてくれる金融機関は多くございません。 ただ、弊社では有力提携先の4銀行がございますので、他社で親子間売買ができなかったが弊社で親子間売買ができた、という事例が多くございます。 他社で親子間売買ができなかった際もあきらめず一度ご相談くださいませ。

その他の解決事例

           

「払えない」「住み続けたい」今すぐご連絡ください! 任意売却・リースバックの無料相談はこちら

0120-279-281
24時間受付 メールでのご相談はこちら