【リースバック】娘の教育資金確保で借り入れ。今の家に住み続けるためリースバックで問題解決した事例

相談者
神戸市A様
職業
制作会社(会社員)
年齢
55歳
物件
マンション
ローン残高
1,000万円
実勢価格
1,600万円
他債務
カードローン3社
総額500万円

ご相談の経緯

教育資金を借り入れ、返済しても金利が高く、なかなか元金が減らない

3年前、娘の教育資金のためカードローンで500万円を借入したが、毎月返済はしているもののなかなか元金が減らず。 更に、住宅ローンの支払いも厳しくなってきたため、カードローンで住宅ローン資金の借入を繰り返し、抜け出せない。 住宅の売却も検討したが、住み慣れた家を引っ越しせず、住み続けたい。

解決にあたっての重視したポイント

今の家に住み続けたい意向が強かったので、「親族間売買」「リースバック」をご提案。 「親族間売買」では、お願いする親族がいないということで「リースバック」で進めました。 住宅ローンの残債が1,000万円ありましたが、リースバックでの買取額が1,600万円でしたので、不動産の売却で出た余剰分でカードローンの返済ができ、リースバックという形で住み続けることができました。 リースバックは定期借家契約といって、契約期間が決まっていることが多いのですが、更新型契約で一般の賃貸借契約で進めました。

手続きを終えられて

家賃として10万円を払って住み続けていますが、今住んでいる場所や間取を賃貸で借りるのと大差はなく、リースバック前は住宅ローンとカードローンの返済をしていたので、リースバック後の方が家計は安定しています。 リースバック契約時に買戻し特約(まとまった資金や再びローンを組めるくらいの余裕が出てきた時に買い戻せる特約)を入れていただいたので、今は買い戻せることができるように奮起しています。

その他の解決事例

           

「払えない」「住み続けたい」今すぐご連絡ください! 任意売却・リースバックの無料相談はこちら

0120-279-281
24時間受付 メールでのご相談はこちら