【任意売却】競売開始決定の通知がきてからでも、任意売却ができた事例

相談者
大阪市A様
職業
パート
年齢
50代
物件
マンション
ローン残高
1,400万円
実勢価格
1,000万円
他債務
無し

ご相談の経緯

主人が亡くなってから一人で生活してきましたが、収入減によりローン返済ができず滞納してしまいました。 家に帰ることも少なく放置したままで、気づいた頃には競売の開始決定が届いていました。 競売になると強制的に退去させられるという漠然とした不安に苛まれ、インターネットで調べ、任意売却というのを見つけたので連絡しました。 もう手遅れかと思いましたが、まだ間に合うとの説明を受け、今後の流れについても細かく教えてもらいました。 その後、競売によらず任意売却できました。残債も大きく減らすことができたので、今は無理なく支払うことができています。

相談員から

任意売却は競売のスケジュールと並行するのでタイムリミットがございます。 今回は大阪市内の物件であったため、ご相談いただいてから迅速に行動し、債権者ともスムーズに交渉ができたので、任意売却が成功したと思います。

重要なポイント

競売開始決定の書面が自宅に届いてからご相談に来られる方は非常に多くなっています。 もちろん、任意売却は可能ですが、ご相談のタイミングが遅ければ遅いほど、成功率は下がってしまいます。 滞納前に相談してもいいのかと悩まれている方もいらっしゃいますが、 是非、早い段階でのご相談をお勧め致します。

その他の解決事例

           

「払えない」「住み続けたい」今すぐご連絡ください! 任意売却・リースバックの無料相談はこちら

0120-279-281
24時間受付 メールでのご相談はこちら